デイサービスブログ

20店舗のデイサービスを全て90%以上にした秘訣をこのブログで公開しています。

デイサービス レク 集客アップ

 

今日は、20店舗のデイサービスコンサルティングで、稼働率を90%にしてきたレクリエーションに対しての考え方、方法を大公開。

していきたいと思います。

 

レクリエーションに悩まれている方、稼働率を上げたい!と思われている方必見です。

 

【間違えたレクリエーションの考え方】

・「皆さんにとってレクリエーションとは何だと思いますか?」

私は、コンサルティングしたデイサービスのスタッフさんに必ずこの質問をします。

するとこんな答えが返ってくる事が多いです。

・「時間を潰す為のもの」

・「決められているからする事」

・「分からない」  etc

 

レクリエーションに対しての考え方が少し間違えているのです。

 

【レクリエーションとは?】

では、ここで私が考えるレクリエーションの考え方を説明していきます。

 

私が考えるレクリエーションとは?

・利用者様に喜び、楽しみの時間を与えるもの

・利用者様の残された人生を有意義に過ごして頂く為のもの

・新しい趣味を持ってもらい、目標を作ってもらうもの

です。

 

スタッフ側の都合ではなく、利用者様の都合で物事を捉え、利用者様に有意義な時間を過ごしてもらう為、スタッフがそのツールを提供する。

まずは、この考え方を認識する事から始めてもらえればと思います。

 

【レクリエーションの方法】

では、そのように認識するためには、どのようにしていくかを説明していきます。

 

1.利用者様の目標を確認する

2.利用者様が昔していた趣味、仕事を確認する

3.自分の施設で利用者様に合いそうなレクリエーションを考案する

4.そのレクリエーションを通じて目標達成できるプランを考案する

5.同じレクリエーションができる人を考案する

 

私は、いつもこの手順で、1人1人にあったレクリエーションを考案していきます。

 

ここで、「1人1人に対してのレクリエーションなんて人手が足りる訳がない!」と思われた方もいると思います。

 

しかし、利用者様の残された時間は、限られています。

その限られた時間に私達が関わっているのです。

もし、自分の親だったら?「最高の時間を提供してほしい。」「笑って過ごしてほしい。」と思いませんか?

 

その思いで、利用者様に向き合えば、今の人員でできる方法を考えていけるのです。

 

例えば、人手が足りないのであれば、同じ趣味を持った方、同じレクリエーションが出来る人と切磋琢磨してできる方法を作ったり、スタッフ2人必要なレクリエーションは、利用者様に手伝ってもらったり、考えれば、色々出来ます。

まずは、「〇〇だからできない…」を「〇〇したら出来るかも!」に変えていくのです。

その為に、スタッフみんなでミーティングを行う。

利用者様1人1人にスタッフが全力で、向き合っていくのです。

 

「スタッフがそこまで育っていない…」という方は、私のブログ「人員育成の方法」でスタッフを育てる方法も公開していますので是非見てみて下さい。

 

初めは難しいかもしれません。

努力は必要です。

しかし、努力をすれば、必ず利用者様からの喜びの言葉が頂けるはずです。

頑張って下さい。