デイサービスブログ

20店舗のデイサービスを全て90%以上にした秘訣をこのブログで公開しています。

デイサービス 接客接遇 分かっているけどなかなか出来ない

 

今日は、デイサービスコンサルティング90%稼働率を維持した接客接遇について大公開したいと思います。

 

この課題に関しては、色々なセミナーや、ブログなどで大体の方が何かしら考えている毎だと思います。

 

今回、私が、紹介するのは、「接客接遇をただ良くして下さい!」という事ではありません。

何故、接客接遇が必要なのか?

デイサービスにとっての接客接遇とは何なのか?

をお話ししていくつもりです。

他の接客接遇とは違うと思いますので、ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

【接客接遇とは?】

まず、私が今まで、デイサービスコンサルティングわわしてきた中で、ほぼ100%の方が間違えている接客接遇をご紹介致します。

 

1.接客接遇とは、丁寧な対応で綺麗な言葉を使う事。

2.お客様に失礼のないように、接する事

など、お客様様(利用者様)に対して、丁寧に対応する事。

と間違えた考え方をしている方が多く居ていました。

しかし、私の考える接客接遇は少し違います。

 

私の考える接客接遇とは、お客様(利用者様)に、最大限のおもてなしをする事

です。

 

【最大限のおもてなしとは?】

最大限のおもてなしとは、丁寧な言葉を使う事。ではなく、どのようにすれば、このお客様(利用者様)は喜んでくれるだろう?と考える事です。

 

丁寧な言葉を使っていても、心がこもっていなければ、それは、接客だけです。

 

接遇は伴っていません

 

接客=客と接する

接遇=客をもてなす

 

接するともてなすでは、かなり違います。

客と接する最大限は、最低限綺麗な言葉を使用しないといけません。

しかし、客をもてなすとなれば、もてなす為に考えないといけないのです。

どのようにすれば、この人は喜んでくれるだろう?

どのようにすれば、この人は、楽しんでくれるだろう?

これを考えなければ、いけないのです。

 

接客接遇わ簡単に考え、丁寧な対応を心がけよう。

という事業所さんが数多くありました。

しかし、接客接遇とは、「客と接し、客をもてなす」という意味があります。

 

当然、お客様なので、綺麗な言葉を使う必要もありますが、「もてなす」為には、お客様が何を求めているか?

どうしてほしいのか?を考え、一生懸命対応する事が必要です。

 

皆さまの施設では、どうでしょうか?

 

ただ単に、「丁寧語を使いなさい!」と指示を出していませんか?

 

再度、接遇について考えてみて下さい。

もてなす=考えるという事をしてみてはいかがでしょうか?

 

スタッフ全員がその気持ちでお客様(利用者様)にぶつかれば、きっと、お客様(利用者様)からの評価も変わるはずです。

 

一度、試してみてはいかがでしょうか?