デイサービスブログ

20店舗のデイサービスを全て90%以上にした秘訣をこのブログで公開しています。

デイサービス 儲かる 仕組み 儲からない 仕組み

 

 

 今日は、「デイサービスって儲かるの?」と思われている方にデイサービスの儲かる仕組みを大公開していきたいと思います。

 

【デイサービスの利益率】

デイサービスの利益率はいくら位だと思いますか?

何と、「約40%です。

ただし、ほぼ満員 稼働率90%以上というのが、条件です。(税務などの経費は算出していません)

利益率40%という事は、1000万売り上げれは、400万という事です。

 

はっきり言ってデイサービスは儲かります。

 

【儲からないデイサービス】

私が今まで、10数店舗のデイサービスコンサルティングをしてきた中で、見てきた数多くの儲からないデイサービスの儲からない仕組みを説明します。

 

儲からないデイサービスのオーナーや、管理者さんがしていた考え方、忙しいだけで全然利益にならないやり方があります。

 

それは、

1.どんな内容の利用者様でも受け入れる。

→紹介をもらうと、自施設のプログラム、内容と違う方でも受け入れる。

2.コンセプトがなく、重度の認知症状のある利用者様と軽度の認知症状がない利用者様など、色々な方が居てる。

→紹介をもらうと、どんな方でも関係なく受け入れる。

3.要支援の方の受け入れをしている。

→利用定員も考えず要支援の方を受け入れるので、介護5:支援5のような状態になっている。

 

利益が出ない…売り上げが上がらない…利用定員が埋まらない…

という事業所さんは、だいたい上記のような状態が多くありました。

 

では、何故上記のような状態だと利益が出ないのか?を説明していきます。

 

1.どんな内容の利用者様でも受け入れる。

A、サービス提供時間、自施設のプログラムを理解していなく、7-8の事業所なのに、3-4の方が多く、社員が1日中送迎に出ないと行けなく、又、本来午前で終了するはずの入浴なども、午後にもしないと行けなく、1日中バタバタとしてしまいます。

こうなる事で、本来不必要な人件費がかかってしまいますし、利用者様へのサービスが低下してしまい、ぼ〜と過ごす事が多くなり、辞める。この繰り返しです。

 

2.コンセプトがなく、重度の利用者様と軽度の利用者様が混在している。

A、軽度の利用者様から、重度の利用者様に対して罵声があがる。もしくは、重度の利用者様の近くは嫌だと言われた事はありませんか?

恐らく、言われていない人は居ないと思います。

その際に、「そんな事言わないで!」や軽度の方に対して「あの人は文句ばかり言う」などと思った事、言った事はないでしょうか?

 

もし、自分の親が、軽度の方で楽しく通ってほしいデイサービスで、上記の事を言ってきたらどうしますか?

辞めさせるか、事業所にクレームを入れますよね?

 

もし、自分の親が、重度の方で、上記の事を言われていたらどうしますか?

辞めさせるか、事業所にクレームを入れますよね?

 

利用者様が悪いのではないのです。

そのような環境にした事業に問題があるのです。

稼働率が悪くても、事業所として決めたコンセプトを絶対に崩してはいけません。

崩す事でどんどん悪い方向に進んでいきます。

 

3.要支援の方の受け入れをしている。

A、要支援の方の受け入れは悪くありませんが、定員も考えずにすると、利益率は一気に悪くなります。

限度を作り、定員にもよりますが、8:2もしくは、7:3くらいの割合にしておきましょう。

そこの計算もしっかりした上で、将来介護になるかもしれない支援の方を受け入れるようにしていきましょう!

 

【まとめ】

・プログラムは、基本1つにする。

・コンセプトをしっかり作り、どのような方を対象にするのかを考えた上で運営する。

一度決めたコンセプトは崩さない。

・要介護と要支援の割合をしっかり把握し、先を見た運営をする。

 

以上、しっかりと、どのような事業所にしていきたいかを決め、それに向けて動いていくようにして下さい。

何事もそうですが、考えがぶれてくると、全てがぶれてきますので、オーナー、管理者さんは、しっかりとした考えを常に持つ事をしていきましょう。

 

この記事を読んでいるあなたも、当てはまらりん所があれば、ぜひ参考にしてください。