デイサービスブログ

20店舗のデイサービスを全て90%以上にした秘訣をこのブログで公開しています。

デイサービス 大規模 メリット デメリット

 

今日は、大規模デイサービスのメリットとデメリットを大公開していきたいと思います。

 

【大規模デイサービスとは?】

デイサービスには、月の利用延人数に対して規模が3段階に分けられています。

この規模は、毎年、実績(実利用人数)を計算し、算定していきます。

 

通常規模=月の平均延人数750人未満

 

大規模I=月の平均延人数750人以上、900人未満

 

大規模II=月の平均延人数900人以上

 

月の延人数を12カ月分出し、12で割り、上記規模を算定していきます。

 

(月の計算の際の注意点)

 

・利用時間

利用して様の算定時間により、計算の仕方が変わります。

3-4.4-5の方は、1/2

5-6.6-7の方は、3/4

7-8.8-9の方は、1

を乗じて計算します。

 

・営業日

年末年始などの特別な日を除き、毎日事業を実施している場合は、利用延人数に6/7を乗じます。

 

【大規模デイサービスのデメリット】

では、大規模デイサービスのデメリットをご紹介していきたいと思います。

 

1.計画書など、月で作成する資料が多い

大規模になると、総利用者数が約100名以上になるので、月に作成する計画書などが多数あります。

2.初期費用が地域密着型デイサービスより高い(やり方にもよりますが、大体倍くらいはみていた方が安心です)

3.物件があまりない。

100平米を超える物件になるので、用途変更が必要ですが、用途変更をする為の検査済証がない所が非常に多いです。

 

上記が、大規模デイサービスのデメリットです。

では、次はメリットを説明していきます。

 

【大規模デイサービスのメリット】

1.利益率が非常に高い

地域密着型デイサービスとくらべると、利益率が約10〜15%程高く、約35〜40%程あります。

2.利用者様同士で楽しんでくれる為、活気ができる

人数が少ない時より、人数が多い状況の方が活気が出る。もしくは、でているように見えます。

3.ランニングコストが地域密着型デイサービスに比べ、あまり変わらない。

実際に現場を回す際のシフトを作ると、人数の少ない地域密着型デイサービスと比べて、そんなに変わらない事が多いです。

入浴、送迎などに若干の増はありますが、フロアはほぼ変わりません。

4.利用者様の休みによるリスクが少ない

損益分岐点が大体12名〜13名なので、休みによる打撃が少ない。

5.イベントなどでスポット利用を集めやすい。

休みなどが出た際のスポット利用を声かけをする利用者様が多い。スポット利用が取れれば、安定した運営ができる。

 

以上が大規模デイサービスのメリットです。

 

【タカのアドバイス

私としては、大規模デイサービスにする事をお勧めしています。

 

何故なら、ある程度のラインまで来ると、安定した運営ができるからです。

 

私がお勧めする定員の人数としては、約30名から35名までのデイサービスがお勧めです。

定員が35名を超えてくると、管理者や、店長の管理能力がかなり高くなければ、回せなくなるからです。

 

私がデイサービスコンサルティングをしてきた中で、35名以上を見る事ができる方はそう多くはありませんでした。

35名までなら本部機能である程度回せます。

 

今、定員で悩まれている方、ぜひ、参加にしてみてください。