デイサービスブログ

20店舗のデイサービスを全て90%以上にした秘訣をこのブログで公開しています。

デイサービス 新人研修 失敗編

 

今日は、新人研修について、起こりがちな失敗について、私が今まで見てきた失敗談を大公開していきたいと思います。

 

【新人研修 起こりがちな失敗】

私が見てきた多くのデイサービスで起こっていた現象ですが、オーナー(トップ)さんに「研修マニュアルありますか?」と尋ねると大体の方が「あります!」と意気揚々に言って下さいます。

中身を見ると「これ現場で出来るの?」と思う程、かなり綿密に記載されたマニュアルが出来上がっています。

 

続いて管理者さんに「研修マニュアルをどのように活用されていますか?」と確認すると少し嫌そうな表情で説明してくれます。

 

その後、スタッフさんに「研修を受けられてどうでしたか?」と聞くと、「ほぼ、放ったらかしでしたよ!初日からよく分からない状態で利用者様の介助していました!」と少し怒った表情で言ってきます。

 

私が見てきた所ではほぼこの状態の所が多かったです。

オーナー(トップ)さんは管理者に研修マニュアルを伝えているが、管理者の方が活用出来ていない。もしくは理解できていない。

 

問題点は数多くあります。

 

【問題点】

1.オーナー(トップ)だけで研修マニュアルを作成している。

2.オーナー(トップ)と管理者さんが新人研修の大事さを分かっていない。

3.現場ではなかなか出来ないであろう研修制度を設けている。

4.研修に必要な人員がそもそも確保出来ていない。

 

上記4つの問題点があります。

では、この4つの問題点に対しての取り組みの仕方を説明していきます。

 

【問題点に対しての取り組み】

1.オーナー(トップ)だけで、研修マニュアルを作成している。

▶︎オーナーだけで作成するのではなく、管理者、研修担当のスタッフも交えて行います。

自分が関わった事。自分が作成したものは、必ず施工してくれます。

管理者、担当スタッフに責任を持たせる事が重要です。

 

2.オーナー(トップ)と管理者さんが、研修の大事さを分かっていない。

▶︎研修の大事さが分かっているなら、スタッフに対して再度研修に対しての確認を行っていくはずです。

そもそも管理者さんが研修をできているか?

スタッフがその研修に対してどのように感じているか?を分かっていない事に大きな問題があります。

作って満足では全く意味がありません。

せっかく作成したのであれば、きっちり確認をしていきましょう。

 

3.現場では出来ないであろう研修制度を設けている。

▶︎研修は、机上でしているのではありません。現場でしているのです。

現場で出来る研修をしていく必要があります。

難しく、細かく設定するよりは、簡単に、ざっくりとをイメージして設定していく必要があります。

 

4.研修に必要な人員がそもそも足りていない。

▶︎見てきた中でこの内容が一番多く、マニュアルはあるけどできていない状態に陥る一番の原因でした。

人が入る=人員が足りると勘違いしている方に多くあります。

人が入れば人員が足りるのではありません。

人が入ればその分教える人が必ず必要です。

教える人がいなければ、オーナー(トップ)か管理者さんが入ってでもそこを補わなければなりません。

研修をしっかりし、その期間は大変でもいずれ、その研修をした方が大きな力を発揮してくれ、必然的にオーナー(トップ)、管理者さんの時間が空けていけます。

 

研修(人材育成)に時間をかければかけるほど、売り上げもあがり、安定した事業運営が行なっていけます。

今からでも遅くはないので是非、参考にしてみて下さい。