デイサービスブログ

20店舗のデイサービスを全て90%以上にした秘訣をこのブログで公開しています。

営業に必要な資料 ケアマネさんの気持ち

 

今日は、ケアマネさんに営業に行く際に必要な資料はどんなものが必要か?とケアマネさんの営業に対しての気持ちを大公開していきたいと思います。

 

【ケアマネさんの営業に対しての気持ち】

ケアマネさんの気持ちになって営業した事はあるでしょうか?

ケアマネさんは、ルーティンワークと、リマインドワークで1月を過ごされています。

 

(ルーティンワーク)

1日〜10日までは請求業務

10日〜末にかけて利用者様のお宅訪問

 

(リマインドワーク)

その合間に翌月分の提供表の作成や、更新プランの作成、利用者様からの苦情対応、プランの調整、各事業所からの情報共有、担当者会議の調整、開催など

 

様々な業務をこなされており、日々忙しく過ごしておられます。

 

忙しく過ごしてても、日頃の業務に追われ、作成しないといけない書類がどんどん溜まってしまい、イライラする事も少なくないと思います。

 

そんな中、数多くくる営業に来られ、その対応もしないといけない…

 

営業に来る人の話しがつまらなかったら当然聞かないです。

 

私も、初めの頃は、ケアマネさんの気持ちなんて全く分からず、ただパンフレットを持って営業に行ってました。

当然、話す内容は通り一辺倒。

全く聞いてもらえませんでした。

「ありがとうございます!」と事業所を出ようとした時に自分の持ってきたパンフレットをその辺に捨てられた事もありました。

その時は、「何だ!あいつ!失礼なやつだな!」と怒っていました。

 

しかし、私もデイサービスの管理者をしていたので、何かしらの営業が来た時に同じ事をしていました。

逆に、「こんな忙しい時に来て、めんどくさいやつだな!」とその営業マンに怒っていました。

 

その時に気づきました。

「ケアマネさんも同じ気持ちだったんだ」と。

それからは、実績配布時期(1日〜3日迄)と

月末(20日〜25日頃の15時〜16時頃)のみにし、なるべくケアマネさんが、話しを聞いてくれやすい時を狙っていくようにしました。

また、ケアマネさんによって話しをする内容を事前に考えていきました。

 

すると、今まで少し嫌そうに聞いていた方もしっかり聞いて下さるようになり、少しずつ仲が良くなり、こちらの気遣いまでしてくれるようになりました。

 

ケアマネさんの気持ちをしっかりと考え、とった行動により、同じ事業所からの紹介も増えていきました。

 

【営業に必要な資料】

これは、現在付き合いのある所かない所かにより持っていく資料が異なります。

 

(付き合いのある所)

・パンフレット

・利用者様の日々の様子が分かる資料

・空き状況が分かる資料

 

(付き合いのない所)

・パンフレット

・自分(営業に行く人)の紹介できる資料

 

基本的に付き合いのある所には、利用者様の様子を、付き合いのない所には、施設の特徴や、自分のことを分かってもらう資料を持っていきます。

 

この時に個々のケアマネさんの趣味や、性格など、聞いた事を書きこむようにしていき、次回営業に行った際に活用するとなお良いです。

 

営業=客を紹介してもらう

ではなく、

営業=ケアマネさんの事を分かり、仲良くなる。

ケアマネさんも人です。

いい人、合う人には、紹介したくなります。

この事をしっかり分かり営業に出ればきっと紹介件数が増えているはずです。

 

ぜひ!この記事を参考にし、紹介件数を増やしていって下さい。