デイサービスブログ

20店舗のデイサービスを全て90%以上にした秘訣をこのブログで公開しています。

デイサービス 認知症 わかりやすい

今日は、知っているようであまり分からない認知症について、簡単に分かる認知症のご説明を大公開していきたいと思います。

 

認知症とは?】

 ただの物忘れと思われている方が多いと思いますが、認知症とは何かの病気によって起こる症状や、状態の総称です。

誰でも年齢とともに、物覚えが悪くなったり、人の名前が思い出せなくなったりしますが、こうしや物忘れは、脳の老化によるものです。

認知症は、何かの病気によって、脳の神経細胞が損傷を受けたために起こる症状や、状態です。

 

【三大認知症

認知症の中でも、三大認知症と言われる認知症のほとんどを占めるのが、

1.アルツハイマー認知症

2.レビー小体型認知症

3.血管性認知症

です。

上記の認知症の中でも、ただ認知能力がなくなるというわけではなく、認知症の症状により、出てくる症状なども変わっていきます。

 

【各認知症による症状】

1.アルツハイマー認知症

➡脳の萎縮(縮む事)による認知症状です。

主な症状としては、「認知機能障害」です。

新しく経験したことを記憶できず、すぐに忘れてしまう症状です。

判断力も低下していき、食事を作ったり、おつりの計算などもできなくなってしまい

ます。

また、進行していくと、家族の顔を忘れたり、ご飯の食べ方なども忘れていきます。

進行中の周辺症状としては、「無関心・妄想・徘徊・抑うつ・興奮し暴力的になっ

ていったりします」

 

2.レビー小体型認知症

➡原因は不明ですが、脳の広い範囲のレビー小体という異常な蛋白がたまり、脳の神経

細胞が徐々に減っていく進行性の認知症状です。

主な症状としては、「認知機能の変動」「幻視」「パーキンソン症状」です。

周囲の状況に対しての認識や、会話をした際の理解力など、悪い時と良い時の差が目立つ事が多い「認知機能の変動症状」が現れたり、実際には、存在しないもの(人や子供)がはっきり見える「幻視症状」が現れたり、手の震えや、小股で歩き、前傾姿勢での歩行になる「パーキンソン症状」が現れます。

レビー小体型認知症の方は、物忘れなども見られますが、アルツハイマー認知症の方と比べると、軽度である事が多いです。

ただ、幻視が強くでたり、パーキンソン症状が強くでたり、人によって症状の出方や、進行の速さに差がある事が特徴的です。

 

3.血管性認知症

脳梗塞により、脳の血管の一部が詰まったり、脳出血より、脳の血管の一部が破れたりし、その血管が担っていた神経細胞が障害を受け、認知症になる症状です。

主な症状としては、脳の障害を受けた部分によって症状は異なりますが、「手足の麻痺や、構音障害、嚥下障害、感覚障害」などの神経症状が出やすい事が多いです。

 

認知症とは上記のような様々な原因により起こる脳の障害による、認知機能の低下の病気の総称です。

デイサービスの利用者様でも、認知症の方は多く居てるとは思いますが、上記のような病気により、対応の仕方も様々です。

その方の病気をしっかり理解し、対応していく事が大切です。

 

認知症という言葉は知っているが、良くわからないという方、ぜひ参考にしてみて下さい。