デイサービスブログ

20店舗のデイサービスを全て90%以上にした秘訣をこのブログで公開しています。

デイサービスカラオケルームのメリット・デメリット

今日は、デイサービスのカラオケルームに対しての、メリット・デメリットの説明を大公開していきたいと思います。

 

【カラオケルームのデメリット】

レスパイト型のデイサービスでは、ほとんどの所が入れているカラオケですが、カラオケルームを設置している所は数少ないです。

なぜ、カラオケルームを設置していないか?

カラオケルームを置く事で、約10㎡の敷地を使用してしまい、その分定員数が約3名減ってしまうので、カラオケルームを設置しない所が多いようです。

 

また、カラオケルームがあると、カラオケルームにスタッフが入らないといけない為、

人の部分でもデメリットが生じてしまいます。

 

では、カラオケルームのメリットを説明していきます。

 

 

【カラオケルームのメリット】

先ほど、カラオケルームのデメリットを紹介しましたが、次は、カラオケルームのメリットを紹介していきたいと思います。

 

まず、カラオケルームの最大のメリットとしては、「営業ツール」として使用できるという所です。

 

先ほど説明しましたが、カラオケルームを設置しているデイサービスは、数少なく、珍しいです。

しかし、利用者様、ケアマネさんは、カラオケルームを希望している方が多く、カラオケルームがあるという所で利用を決める方もいています。

 

私がコンサルティングしている事業所では、カラオケルームを設置ましたが、カラオケルームを設置した事で、約3割の利用者様紹介が増えました。

 

次に、カラオケルームを設置することで、カラオケが嫌いな利用者様の紹介が増える事です。

 

カラオケを好きな方もいれば、カラオケが嫌いな方もいます。

上手い歌ならまだしも、そこまで上手くない歌を聞かされる側としては、苦痛になってしまう事も多くあります。

 

そんな方たちから、「時間を決めてしてほしい」や、「あんな下手くそな歌は聞きたくない」と言われた方は多くいていると思います。

 

カラオケが嫌いな方は、この事がきっかけで、デイサービスに来る事が苦痛になり、そのうち辞めてしまう・・・なんて事も多くあると思います。

 

デイサービスは、大衆の集まる場になりますので、カラオケをする側・しない側両方の意見の間を取らなければいけません。

 

カラオケルームがあれば、このような問題は起こらず、カラオケが好きな方は、終日どの時間でも、カラオケルームに行っていただき、カラオケを堪能していただけばいいですし、カラオケが嫌いな方は、カラオケルームに行かなければ、聞こえないので何の問題もなくなります。

 

ケアマネさんも、カラオケが嫌いな利用者様から出たカラオケが嫌いというニーズに答えれるので、カラオケルームがあるデイサービスに紹介をしようとなります。

 

【最後に】

カラオケルームがある事で、利用者様のサービスレベルもあがり、カラオケが好きな方、嫌いな方両方のニーズに合わせる事ができます。

今からデイサービスを始めようと思っている方。

ぜひカラオケルームの設置をお勧めいたします。